腸壁を削って美味い物を食す

潰瘍性大腸炎(軽症)持ちの筆者が、病状が悪化してでも食べたいと思う逸品(主に麺類)を思いつくままに紹介するブログです。

303. 君の名は。地上波初放映

DVD含めて5回は見ているのに、ついついまた見てしまった。

もう公開されてから約1年半が立とうとしているなんて信じられない。

時の流れはなんて速いのだろうか。

 

今回は、新海監督や野田さんのツイッターや初見と思われる視聴者の感想を見ながら、のんびりと見ていた。

ちなみに放送開始前に新海監督からマニア向けの問題が出されていた。

その問題は、本編に「言の葉の庭」のタカオ君が1カットだけ登場しているが、それはどこか、というもの。

ユキちゃん先生はセリフもあったのですぐに分かったが、タカオ君は気づかなかった。

ちなみに正解は、

エンディング直前で三葉が街中を走っている場面で横切った通行人とのこと。

↓監督のツイッターに上がっていた正解画像。

f:id:kenshinkk:20180104003751p:plain

監督自ら難易度は「理不尽に高いです」と言っていたが、これは気づけない。

でもこういう演出をしてくれるのはファンとしてはうれしい限りである。

 

それにしても、今回はCMを入れるタイミングがうまかったと思う。

とくに、かたわれ時の直後、三葉が消えてしまったところでCM挟んだのは、

初見の人にとってはすごい「いい引き」だったのではないだろうか。

それに、テレビで放映する際はいくぶんカットされることが多いところ、

エンドロール以外ノーカットというのは素晴らしかった。

テレビ朝日さんに拍手。

 

また、気になったのは各社のCMの内容。

おそらくすごい争奪戦があったのだと思うが、

みんな「君の名は。」に寄せてきているのが面白かった。

とくに、ソフトバンクは1夜限定CMとして、

白戸家のメンバーが入れ替わってしまうCMをわざわざ作っており、

さすがだなと思った。

また、Society5.0のCMも面白かった。

主人公である田舎の女子高生役として三葉役の上白石萌音を起用しており、

君の名は。の本編と同じように、朝目が覚めるところから始まる。

またスクストとかいうスマホゲーのCMも「隕石」で被せてきていた。

視聴率は相当高いはずなので、各社としてもCMに気合を入れてきたのだろう。

 

さて、視聴率と言えば、紅白の視聴率が奮わなかったらしい。

個人的にはかなり面白かったと感じたが、40%行ってないとは意外。

自分はコント番組「LIFE」もよく見ていたので、馴染みのあるネタばかりであったが、初見の人はついてこれたかどうか、気になるところ。

三浦大知やっぱりすごかったし、特別枠のラスト安室やサザンも良かった。

椎名林檎さんがカルテットの話題出してくれたのも良かったし、審査員席に高橋一生吉岡里帆、出場歌手で松たか子が出ていたので、ゲストか何かで松田龍平を呼んできて「おとなの掟」をワンフレーズだけでも歌うのを見たかった。でもそれは局の壁があるから難しいか…、NHKなんで。

乃木坂46×日村のコラボや欅坂46×内村のコラボも面白かった。インフルエンサーの時の二重音声のウラトークチャンネルを聴いてみたところ、Aメロでの準備中に日村が躍るのを視聴者に悟られないように設楽が必死で話をつないでいて、さすがだなと思った。

まあ、視聴率がすべてではないが、とにかく久しぶりに面白く感じた紅白であった。

 

ということで、そろそろ年末年始の休みも終わってしまう。

そろそろ仕事モードに戻らなければならないのだが、あと1日休みがあるので、全力で休みを満喫したい。