腸壁を削って美味い物を食す

潰瘍性大腸炎持ちの筆者が、病状が悪化してでも食べたいと思う逸品(主に麺類)を思いつくままに紹介するブログです。

296. 肉盛りつけ麺@6代目けいすけ(湯島)

290番代にちなんで、残り4件は肉系の記事で埋めたいと思う。

 

まずは、湯島にある「けいすけ」系列の1店舗。

実はオリジナルの「けいすけ」を食べたことが無いので、元がどんなのかは知らないのだが、「肉」にこだわった店が多い。

他には「鶏王けいすけ」などを食べたことがあるが、そちらはまた別の機会に。

 

今回の6代目けいすけさんは「肉盛り」にこだわった店のようで。

ラーメンタイプとつけ麺タイプがあったが、今回はつけ麺タイプを選択。

f:id:kenshinkk:20171122004717j:image

肉盛りつけ麺(並) 800円

 

麺に大量に盛られた炒め肉がインパクト充分。

肉は豚バラ肉。ちょっと脂量が心配だが、すた丼よりは脂が少なそう。

味付けは生姜焼き風であり、やや甘辛。玉ねぎとよく合っている。

つけだれの方は醤油強めでまた違ったタイプの甘辛。

単に生姜焼き風の肉と一緒に麺をかっ込む混ぜそば風の食べ方と、

つけだれに浸してから食べるつけ麺風の食べ方と、2種類の食べ方がある。

 

個人的には前者の混ぜそば風が好きであった。

肉だけにもしっかり味がついているので、その味だけでも十分に楽しめる。

麺もタレが良く絡む平打ち麺になっているため、

肉とよく混ぜ合わせれば、麺にも味がしっかりつくようになっている。

 

つけ麺的な食べ方ももちろん美味しい。

ただ、どちらかというと、肉にあらかじめかかっているタレの味の方が個人的には好みだったので、

せっかくのタレの味が、つけ汁に浸すことで落ちてなくなってしまう気がするのはやや残念であった。

また、つけダレに唐辛子がやや入っていたため、

あまりつけ過ぎたくないという思いが潜在的にあったからかもしれない。

 

ということで、

つけ麺好きというよりは、肉好きや混ぜそば好きにおススメしたい一品であった。