腸壁を削って美味い物を食す

潰瘍性大腸炎(軽症)持ちの筆者が、病状が悪化してでも食べたいと思う逸品(主に麺類)を思いつくままに紹介するブログです。基本的に週2回(日曜・水曜)の更新です。よろしくおねがいします。

253. ひとりサイゼリア

仕事が遅くまであった日は、夕食の場所に困る。

上野近辺は、もちろん遅くまでやってる定食屋もあるし、ラーメン屋もあるのだが、
そろそろ行き尽くしてきてしまった感がある。
まあ、1人で入りづらい店や居酒屋などまで含めれば、まだまだたくさんあるのだが、
食事処と言う意味では、行っていないところは少なくなってきてしまった。

そんな中、そういえば食事処としても使える店があったのを思い出した。
そう、サイゼリアである。

もちろん学生時代は友人たちとかなりの頻度で行っていた。
行った時は決まってコスパ最強の「マグナム」ワイン。1080円で1.5リットル。
それでも「夜ご飯」をガッツリ食べる店としては使ったことが無く、
もうここ3〜4年入っていなかったのもあったので、試しにと言う意味合いも込めて入ってみたのである。

人生初のひとりサイゼリア
団体客が多いかと思いきや、同族もそれなりに多かった。
まあ彼らはドリンクバーで長時間粘る族だったのかもしれないが。

 

そして、頼んだのはこれらの品々。

f:id:kenshinkk:20171004163039j:image

アマトリチャーナ 499円

・ミラノ風ドリア 299円

・若鶏のグリル 499円

・グラスワイン赤 100円

 

これだけ頼んで約1400円という驚愕の安さ。

正直、調子に乗って頼みすぎた感があり、食べた後は苦しいレベルの量だった。

 

空腹に耐えきれずにアマトリチャーナは食べ始めてしまっているが、食べる前の写真はこちら。

f:id:kenshinkk:20171004163301j:image

アマトリチャーナというとトマトソースで玉ねぎとベーコンというイメージだったが、ここのはトマト自体は2切れほどはいっているものの、トマトソースではない。


どうもよく調べてみると、「ペコリーノ・ロマーノ」と呼ばれる羊のチーズと、パンチェッタが使われているパスタというのが元だったらしく、必ずしもトマトソースでなければならないわけではないらしい。

ということでここのアマトリチャーナは原形に近いアマトリチャーナということになる。

 

サイゼリアのパスタもいろいろ食べてきた方だが、シンプルながらかなり上位に入る味だと個人的には思っていて、「追いオリーブ」するとなお良い味になる。


 そして定番のこちら

f:id:kenshinkk:20171004164213j:image

なんだかいつもより焦げているが、ミラノ風ドリアである。

まず299円という信じられない安さを実現しているのが凄い。 

一体どこでコストダウンしているのだろうか。

メニュー表には、コクがあるのにキレが良い後味スッキリなホワイトソースと書かれている。

確かにその通り、濃厚でいながらもしつこくないソースであり、最後まで飽きがこない味になっている。

これが30年前からの人気No.1メニューの底力というところか。

 

そしてもう一品がこちら。

f:id:kenshinkk:20171004164645j:image

若鶏のグリル

完全に頼みすぎちゃったやーつ。

でも、499円でこれなら大満足である。

鳥はしっかりジューシーで、それなりの大きさもある。

上に乗っている野菜ソースがなかなかクセになる味。細かくみじん切りされたタマネギとニンニクが良い具合で、そこに醤油ベースのガルムソースをかけると肉の味を引き出す名脇役となる。

ちなみにこのソースも30年前の創業時から変わらない味らしい。

そう考えると創業者凄いなと思う。

 

ということで、久しぶりのサイゼリアでひとり宴会をしてしまった。

これだけ食べて飲んでこの値段というのは、満足度が高い。

周りがうるさくない席さえ確保できれば、たまには悪くないと思う。

新メニューがでたらまた行ってみようかな。