腸壁を削って美味い物を食す

潰瘍性大腸炎(軽症)持ちの筆者が、病状が悪化してでも食べたいと思う逸品(主に麺類)を思いつくままに紹介するブログです。

216. 塩葱ダレの醤油麹漬け炭火焼きチキン定食(大戸屋)

大戸屋の期間限定メニュー。

さすがに名前が長すぎるし、
塩ダレメインなのか醤油麹メインなのかよくわからない。

そんなことを思っていたので敬遠していたが、食べてみると美味しかったので記事を書いてみる。

 

f:id:kenshinkk:20170828232554j:image

870円


バジルチキンサラダ定食の上に乗っている肉と同じものが2枚。合計8切れ。
肉のボリューム的には申し分ない。


焼き目もしっかり付いていて香ばしく、麹で漬けているおかげか、肉質がとても柔らかくて美味しい。
「醤油麹」自体の味はそこまで感じられず、塩ダレの味がメインであった。
でも、それがあまりしょっぱくなりすぎず、ちょうど良かったのだと思う。

 

素晴らしいのは大きめにカットされたレモンが付いていること。
果汁量が多いのでしっかり肉全体に行き渡らせる事ができる。
もちろんネギ塩ダレとの相性も良く、疲れた身体に程よい酸味が染みる。

 

しいて言えばもう少し野菜の種類が多くて、ドレッシングもつけてくれたら完璧だったけど、
この価格帯で実現するにはこれが限界なんだろうなぁ、というところ。

 

これまで食べてこなかったメニューや期間限定メニューの中に、美味い定食が隠れている事がわかったので、今後は色々とチャレンジしていきたい。