腸壁を削って美味い物を食す

潰瘍性大腸炎持ちの筆者が、病状が悪化してでも食べたいと思う逸品(主に麺類)を思いつくままに紹介するブログです。

200. 焼肉職人ベアーズ@新橋

新橋の裏路地にある穴場焼肉店。

f:id:kenshinkk:20170812204604j:image

安くA5ランクが食べられるという点でコスパが非常に良いお店。

ビジネスマン向けということで、量より質というコンセプトのようだが、

コストパフォーマンス重視な点が素晴らしい。

メニューは1人前1000〜2000円のオーソドックスなメニューだが、

正直、並でも十分に美味しい。

 

特に美味しかったものをいくつか紹介する。f:id:kenshinkk:20170812204757j:image

タンユッケ。

タマネギと一緒に塩ダレで和えた状態で出てくる。

脂がしっかり乗っているが、脂の質が良いのか全然しつこくない。

f:id:kenshinkk:20170812205013j:image

特選ツラミ

→ツラミ=ホホ肉のこと。

「ツラミ」という言い方を聞いたのは初めてだったが、赤身が多くて脂が少ないので、個人的には好みの部位。

よくシチューなんかにも入っていることが多く、肉の味が強いことが特徴。

薄切りでもしっかり味が強かった。

 

f:id:kenshinkk:20170812205025j:image 

炙り牛トロ寿司

ほんのり炙られた薄切りの特選ロース部分。

サシがきめ細やかに入っていて、口のなかですぐにとろける。

それでいて、肉の味もしっかりある。

6カンで1680円とやや高額だが、頼む価値はあると思う。

 

他に食べたのは

・特選炙りレバー

・壺漬けマルチョウ

・トウガラシ

ミスジ

 

写真は撮り忘れてしまったが、この中ではミスジが印象的。

一切れがものすごく大きいが、1人前に2枚しか入っていない。

1枚700円かーと思いながら食べたけど、それに値するだけの素晴らしい肉質だった。

 

また、サイドメニューのコムタンスープがまろやかで美味しいので是非注文してみて欲しい。

 

ということで、

新橋は焼肉屋が多くて迷ってしまうが、ここはリーズナブルな価格でA5ランクの肉を食べられる穴場なので、オススメである。