腸壁を削って美味い物を食す

潰瘍性大腸炎持ちの筆者が、病状が悪化してでも食べたいと思う逸品(主に麺類)を思いつくままに紹介するブログです。

193. 鶏ホタテそば(竹末東京premium@押上)

スカイツリーから少し歩いたところにある人気店。

行った日はものすごく暑かったため、あまり並びたくないなーと思い14時すぎに行った。

それでも、店の外で10人ほど並んでおり、15〜20分くらい待つことになった。

さすがの人気である。

 

醤油ラーメンと鶏白湯ラーメンと鶏ホタテそばの3種類があり、ひとまず一番推されていた鶏ホタテを注文。

オマケで黒トリュフチーズごはん(380円)もつけてみた。

 

 f:id:kenshinkk:20170731005212j:image

 鶏ホタテそば900円

 

上のトッピングは、

・豚バラ低温調理チャーシュー

・牛モモ燻製

・ローストビーフ

・ネギ三種

・メンマ

・ホタテペースト

・小松菜

 

演出のひとつで、肉三種を目の前で説明してくれるのが素晴らしい。

肉の内容は日替わりらしいが、割と珍しい牛モモ燻製が食べられたのは良かった。

低温調理チャーシューは最近流行っているが、やはりレア感があって美味しいし、肉の味が濃いように感じた。

 

鳥スープだけを飲んでみるとそれだけでも濃厚で美味い。

ただ、個人的にはコショウが効きすぎてる感があったのが気になるかなーという印象。

 

ホタテペーストを混ぜながら食べていくと、甘さとコクがプラスされてちょうど良い塩梅になる。

この時点で、「これはチーズが良く合うだろうな」と思った。

 

f:id:kenshinkk:20170731005233j:image

こちらが黒トリュフチーズごはん

 

目の前でトリュフがスライスされる演出付き。

香りがとにかく良い。

チーズはガスバーナーで炙ってとろとろにした状態で出てくるので、ややぬるめになったスープでもちゃんとトロトロにとろける。

スープのコショウとチーズが合ってカルボナーラのようになるので、ここまで計算の上でのあのスープなのかと思うと納得。

 

ただ、トリュフいらないから「チーズごはん」だけで150円くらいで出して欲しい…というのが正直なところ。

 

今回は推しの鶏ホタテを食べたが、前後の客はいずれも醤油を頼んでいたので、今度は是非チャレンジしてみたい。