腸壁を削って美味い物を食す

潰瘍性大腸炎持ちの筆者が、病状が悪化してでも食べたいと思う逸品(主に麺類)を思いつくままに紹介するブログです。

175. 熱中症の恐怖

熱中症に気をつけましょう」

34度の炎天下で野球をした土曜日の天気予報において、口酸っぱく言われていた忠告である。

 

もちろん、気をつけてプレーをしていた。

こまめに水分も摂って、計1.5リットル飲んでいたし、帽子もちゃんとかぶっていた。

試合後にも疲労感はあったが、体調に問題はなし。

ここで「乗り切った」と過信してしまったのが今回の敗因だった。

 

翌朝。

思い返せばこの時から異変が始まっていた。

全身汗だくでなんとなく身体が重い。

それでも、いつもの筋肉痛のせいだろうと思い、昼メシや整骨院など、もともと予定していた外出をしてしまった。

外出中に日光を浴びた時間は合計30分程度だったが、おそらくこれが発症の引き金。

夕食の時間になると、遂に症状として現れ始めた。

 

まずは、急激な頭痛。

それも、グラっとする程の強烈なタイプ。

なんとか夕飯をかきこみ、ロキソニンに手を伸ばす。

禁忌の薬だが、そうは言ってられない。

迷わず飲み干し、祈る思いでベッドに横たわり、痛みが治まるのを待つ。

 

1時間たってもなかなか治らない。

それどころか意識が朦朧としてきて、吐き気すら出てきた。

ロキソニンがここまで効かないのはさすがにおかしい。

 

ここにきて、熱中症及び脱水症状を疑い始めた。

グーグルで「熱中症 あとからくる」検索。

まさにそれであった。

 

意識が朦朧としている中、偶然買ってあったポカリ(大)をすぐさま1リットル程飲み干す。

そして、冷凍庫から保冷剤を取り出し、氷枕を首元や脇の下などに設置。

 

この判断と対処が功を奏した。

様々な症状は徐々に収まり、日付が変わる頃には、なんとか眠りにつくことができていた。

 

振り返ってみると、

体調がおかしいと気付いてから意識朦朧状態となるまでは、たったの1時間程度。

症状の進行が非常に速く、熱中症の恐ろしさを痛感した。

もしポカリを買っていなかったら、もし保冷剤を切らしていたら、と思うとゾッとする。

 

おそらく、土曜日の日中に体内に蓄積された熱が、寝てる間にうまく発散されず、

その状態のまま日曜日も出かけてしまったために、しきい値を超えて発症に至ったのではないかと考えられる。

 

今回の教訓:熱は蓄積する。暑さのピークを越えても油断しない。