腸壁を削って美味い物を食す

潰瘍性大腸炎持ちの筆者が、病状が悪化してでも食べたいと思う逸品(主に麺類)を思いつくままに紹介するブログです。

167. 梅おろしそば(sobaわ@本郷三丁目)

職場の近くの蕎麦屋

 

本郷三丁目界隈に蕎麦屋はたくさんあるが、自分はこのメニューが好きなので、ピンポイントで夏にだけ行くことが多い。

f:id:kenshinkk:20170710201856j:image

冷やし梅おろしそば 600円

 

暑い夏にはぴったり。

梅もおろしもついてくるぶっかけそばというのは、実はチェーン店などでもあまりなかったりする。

大きな梅が丸ごと一個入っていて、その梅が酸っぱ過ぎず、しょっぱすぎず、ちょうど良い甘さもあって、そばつゆによく合うのである。

 

そのつゆも上品でまろやかで、おろしとの相性も良い。

 

また、ここの店は蕎麦湯がしっかりアツアツで出てくるのが良い。

器を直接持つのが難しいくらいの熱さ。

冷たいつゆに入れても、ぬるくならずにちゃんと温かくなるのが素晴らしい。

 

夜には居酒屋になっているらしいので、改めて行ってみたいと思う。