腸壁を削って美味い物を食す

潰瘍性大腸炎持ちの筆者が、病状が悪化してでも食べたいと思う逸品(主に麺類)を思いつくままに紹介するブログです。

163. 特製とりそば@大喜(湯島※移転前)

15年くらい前にTVチャンピオンか何かで1位になったこともある名店。

かつては大行列で全然食べられなかった。

湯島天神の近くに合って、職場からも近かった。

20年近く湯島天神下で営業されていたが、道路拡張に伴う建物取り壊しにより移転。

5月22日より新店舗となった。
最寄り駅は仲御徒町秋葉原駅から歩いても10分ほど。

 

今回は以前よく食べていた定番の方のメニューを紹介する。

それがこちら。

画像に含まれている可能性があるもの:食べ物

特製とりそば(塩) 950円 + 肉ご飯 100円

※写真は移転前のもの

 

スープは薄めだけど非常に上品な味付けで、

水炊きを出汁で薄めたような感じ。

よく味わうと鳥の旨味が存分に引き出されていることがわかる。

具が多彩で、鶏肉だけで焼き、煮、そぼろの3種類があってどれもウマい。

春菊や白髪ネギも相性抜群。

100円で肉ご飯をつけられることも高ポイント。

 

他のメニューとしては、しょうゆ味のラーメンや梅しそラーメン、つけ麺などがあるが、

基本的にどのメニューも薄め&油少なめであり、 

最も安心して食べることができるラーメンのひとつ。

もし同じ病気の人と出会ったら間違いなくここをオススメする。

 

ただ、濃厚好きな人にとってはかなり薄いと感じると思うので、もしかしたら期待外れに感じてしまうかもしれない。

 

次回は移転後に初めて食べた期間限定の逸品を紹介する。