腸壁を削って美味い物を食す

潰瘍性大腸炎持ちの筆者が、病状が悪化してでも食べたいと思う逸品(主に麺類)を思いつくままに紹介するブログです。

162. DQ2 悪霊の神々

ドラゴンクエストの2作目

こちらも自分が生まれる前の作品なので、

実際にプレイしたのはスマホのリメイク版である。

 

まず、このパッケージが秀逸だと思う。

f:id:kenshinkk:20170704184314p:plain

表向きのボスである大神官ハーゴンに立ち向かう3人という構図だが、

よく見ると、背景に邪神シドーの姿が描かれている。

 

1でひとりだけだったパーティが3人になり、

敵も複数で登場することになったことにより、

単体攻撃と複数攻撃という概念が生まれた。

そして、呪文のレパートリーも増えて戦闘のバリエーションも増加。

当時では大進歩であったと思う。

 

また、DQ2では良BGMも多く、

フィールド曲の「果てしなき世界」「遥かなる旅路」をはじめ、

初の海曲「海原を行く」も素晴らしい。

通常戦闘曲およびボス曲も印象に残っている。

エンディングの「この道わが旅」は音楽の教科書に載っていた気がする。

 

驚愕なのは、当時の開発スケジュール。

1⇒2の間はたった7か月しかなったらしい。

今では考えられない。

そんなスタッフの皆さまの苦労もあって完成したこのDQ2は、

シリーズ屈指の難易度と言われている。

ロンダルキアの洞窟が難しいとか、

シドーが強すぎるとか、

いろいろ言われているが、

自分が一番強いと感じたのは悪霊の神々のひとり「パズズ」であった。

ボスキャラで唯一メガンテを使ってくる敵であり、

メガンテされたらひとたまりもない。

まさに運ゲーである。

「ベリアル」「アトラス」もかなりの強さだったが、

メガンテの印象が最も強かった。

もちろんシドーも強い。

ただし、スマホ版ではファミコン版のようにベホマは使わないため、

ルカナンはウザかったが、そこまで苦労はしなかった気がする。

 

ただ、アメトーークだったり、特集の記事だったり、いろんなところでDQ2の難しさが言われているので、その難しさを知ることができなかったのは正直悔しい。

幾重の絶望の先にシドーを倒し、「この道わが旅」で涙を流す、という青春を味わってみたかったなあ。