腸壁を削って美味い物を食す

潰瘍性大腸炎持ちの筆者が、病状が悪化してでも食べたいと思う逸品(主に麺類)を思いつくままに紹介するブログです。

151. 鶏と野菜の黒酢あん

大戸屋の超定番メニュー。

揚げているから翌日休みの時しか食べられないけど、大戸屋のレギュラーメニューの中では1番好き。

今回はポイントカードを2ポイント貯めるためにちょっと豪華にしてみた。

 

f:id:kenshinkk:20170624102501j:image

鶏と野菜の黒酢あん+ほうれん草のおひたし+大根おろし 1109円

 

ポイントカードが500円で1個というのは知っていたのだが、まさか税抜き価格で判定しているとは知らなかった。

ほうれん草のおひたしまで頼んで1000円以上いったなーと思っていたら、税抜価格であることに気づいて、慌てて大根おろしを頼んだ。

 

それでめでたく1080円超えてポイント2つ。完全にポイントカードの魔力に嵌められてるなーと自分でも思う。

まあでも今回は豪華にしたかったので良しとしよう。

 

味の方は、相変わらず素晴らしい。

鶏と野菜の黒酢あんは、まずその黒酢ソースが素晴らしい。

鶏とも野菜とも相性が良いし、野菜もかなりの種類入っている。

人参、ナス、レンコン、じゃがいも、インゲンなど。

それに、サラダも付いていて、ポテサラ、ブロッコリー、トマト、キャベツ、レタスなど、1食だけでかなりの量の野菜を摂取できる。

これで鶏肉が揚げじゃなくて炒めだったら最高なんだけどなぁ。

それでもこれからも頼み続けると思う。

 

ほうれん草のおひたしは、鉄分不足を補うために頼んだ。

ほんのり味がついていて、鰹節がかかっている。そのままでも美味しいけどちょっとだけ醤油をかけるとなお美味い。

 

大根おろしは92円にしては意外と量が多かった。それにおろしたて。

特製のバルサミコ酢醤油が付いていて、大根おろしとよく合う。

全部にかけてしまったけど、普通の醤油と半々で掛けて味を比べてみるべきだったと反省している。

 

サイドメニューも質が高いということがわかったので、値段は高いけどチャンスあればいろいろ頼んでみようかなと思った。

 

さすが大戸屋

これからもお世話になります。