腸壁を削って美味い物を食す

潰瘍性大腸炎持ちの筆者が、病状が悪化してでも食べたいと思う逸品(主に麺類)を思いつくままに紹介するブログです。

145. チキンピカタ(入谷キッチンバル)

近所にできた洋食屋さん。

チキン南蛮がメインということで、揚げ物食べられない自分は行くことはないかなと思っていた。

しかし、揚げていないメニューとしてチキンピカタがあると知り、先日行ってみた。

 

f:id:kenshinkk:20170618010310j:image

チキンピカタ(L) 780円

 

いくら胸肉の安いところとはいえ、かなりの大きさであり、それでこの値段はなかなかコスパが良い。

それにサラダやライスまで付いているのも嬉しい。

 

肝心の肉は、皮を取り除いた鶏胸肉。

胸肉というと硬いイメージがあるが、肉質が良いためかものすごく柔らかい。

卵と小麦粉と粉チーズから作った衣で表面が覆われており、味もちゃんと付いているのでご飯も進む。

油で揚げていないため、ものすごくヘルシーであり、潰瘍性大腸炎患者の自分でも安心して食べられる。

ちょっと味に飽きてきた時には、付け合わせのケチャップやソースで味を変えることもできる。特にケチャップは相性抜群。

 

ちなみにLサイズの南蛮及びカツも同様の大きさだったので、大食いの人はLサイズをおすすめする。

 

その他のメニューには、

・チキン南蛮+ハンバーグ

・チキン南蛮+生姜焼き

・チキンカツ

ナポリタン

・カレー

などがあった。

 

揚げていたり辛かったりするので自分は食べないだろうけど、なかなかコスパは良さそうであった。

地元にコスパの良い定食屋ができたというのは嬉しい限りである。