腸壁を削って美味い物を食す

潰瘍性大腸炎持ちの筆者が、病状が悪化してでも食べたいと思う逸品(主に麺類)を思いつくままに紹介するブログです。

144. ワイルドピッチ

完封まであと少しだったのに、たった1球のワイルドピッチでそれを逃してしまった。

 

試合結果は3-1で勝てたから良かったけど、完封を逃したのが悔しい。


投球結果は

7回
被安打2
奪三振6
失点1
自責0
与四球3

 

ストライクゾーンが狭い審判であったが、厳しい判定に苦しみながらも、粘り強く投げることができたのは非常に良かった。

 

ただ、問題の失点1が悔しい。

エラーのランナーなので自責でないとはいえ、2死からのワイルドピッチなので悔しい。

 

1死2塁3塁のピンチで、迎えたバッターは相手チームの5番、追い込んだ後に粘られて、持ち球どれもカットされてしまった。

そんな中、シンカーのサインの時に苦し紛れでフォークを投げてみたところ、たまたま低めのいいところにいって空振りを取ることが出来た。

 

そして迎えた2死で次打者を追い込んだとき、そこでシンカーのサインでそのままシンカーを投げていれば良かったものの、

さっきの感覚で投げればいけると過信してフォークを投げてしまった。

結局、それが引っかかってワンバウンド、ベースの角に当たってワイルドピッチ。

痛い一球だった。

 

その後、結局内角まっすぐを打ち上げさせて内野フライだったので、内角苦手なバッターだったはずだから、シンカーを内角に投げ切っていれば詰まらせられたのかな。

 

次は完封を目指して頑張りたい。