腸壁を削って美味い物を食す

潰瘍性大腸炎持ちの筆者が、病状が悪化してでも食べたいと思う逸品(主に麺類)を思いつくままに紹介するブログです。

129. サルゲッチュ(初代)

PS時代に一度遊んだことがあったが、当時の実力では、スペクターを捕まえることはできず、スペクターランドをクリアしたところで満足してしまっていた。

10年以上のブランクを経て、数年前にPS Vitaのアーカイブスで無事捕獲に成功した。

 

ふと、思い出したので、記事にしてみようと思う。

 

まず、知能が高くなったサルを捕まえるという奇想天外な発想と、

ヘルメットを被せたそのデザインが何より凄い。

そう、こいつらである。

f:id:kenshinkk:20170528174652p:plain

パンツの色によってその性格を分けているところがいい。

最初は黄色や水色パンツばかりで楽々ゲットできるが、

そのうち出てくる青パンツは足が速すぎて追いつかないし、

緑パンツや赤パンツのロケットランチャーが強すぎて死にまくった記憶がある。

 

一匹一匹にちゃんと名前があってそれぞれ個性があるのも良い。

印象に残っているのは、

タクボクの「しずけさや、いわにしみいる、さるのこえ」

サルレオサルレイ「それでもバナナはまがっている」

アーノルド「別名サルミネーター」

こいつはパロディも面白いが、マシンガン・爆弾・ロケットランチャーのフル装備でなかなかゲッチュできなかったのを覚えている。

 

また、とにかく左右のスティックを駆使して、武器であるガチャメカを操るのがとにかく楽しい。

当時、PS初のアナログスティックコントローラ専用のソフトであった。

一番好きなのはトビトンボ。

高低差のある広大なステージで行けるところが広がるのはわくわくしたし、

ヒロキとのレースの2つ目では、トビトンボをうまく使わなきゃいけないと勝てないから、結構難しかった記憶がある。

パチンガーやメカヨンクなんかも両方のスティックやカメラワークを変えなきゃいけないから、操るのがなかなか難しかった。

でもそれらを使った仕掛けをどんどん解いていくのが楽しかった。

 

ステージもバラエティに富んでいる。

古代から始まり、現代に向かっていって、だんだん文明が発達していくわけだが、ステージはどんどん複雑化していくので、ステージ内を走り回るだけでも楽しかった。

ステージBGMはどれも印象深くて、ほとんど覚えている。ジャングルリバー、ナンデココニ遺跡、スペクター城あたりは秀逸。

とくに現代以降はステージのギミック自体もなかなか難しく、マチノシティのドラム缶が転がってくるゾーンはなかなかクリアできなかった。

スペクター城に至ってはまともにクリアするまでに何人死んだかわからない。

そしてスペクターと戦うためにはすべてのサルを捕まえなければならないので、それがとにかく大変だった。

恐ろしく捕まえにくいところにいるサルとか、捕まえようにも完全武装しているサルとか、なかなか難易度が高い。

たしかにこれは小学生には無理だな…。と感じる部分も多々あった。

ただ、それだけ苦労したこともあり、10年以上越しにスペクターを捕まえた瞬間の喜びはひとしおだった。

 

また、本編からは外れるが、

ミニゲームも狂おしいほど楽しかった。

小学校時代には、こちらの方をよく遊んだかもしれない。 

ミニゲームとしては以下の3つ

・スキーキッズレーシング

・スペクターボクシング

・ギャラクシーモンキー

どれもBGMが最高で、ギャラクシーモンキーは正直ずっと聞いていられる。

 

スキーは、左右の板が2本のスティックに対応していて、「実際に板を操る感覚に近い」とスキーをよくする父親が言っていたのを覚えている。

紙みたいなキャラクターだったけど、レーシングゲームとしての完成度も高かった。

ボクシングは結局相手が強すぎてほとんど勝てなかった。上位に行くほど名前に「ゴリ」がつくようになり、ゴリノフ的な名前のやつがめちゃくちゃ強かった記憶がある。

シューティングは30面くらいまでが限界だったけど、両方のスティック使うシューティングは斬新でずっとやりこんでしまった。

ちなみに、このギャラクシーモンキーのBGMは、ラスボスのスペクター戦のBGMにも使われていて、戦うのがものすごく楽しかったのを覚えている。

 

ということで、本編ミニゲームともに楽しかったサルゲッチュだが、その後、「2」や「3」をはじめ、その他派生ゲームも次々発売され、一躍人気シリーズとなった。

自分はこの初代をクリアした達成感で満足してしまったので、その後のシリーズはプレイしていないが、このころのゲームは楽しかったなあと改めて感じた。