腸壁を削って美味い物を食す

潰瘍性大腸炎持ちの筆者が、病状が悪化してでも食べたいと思う逸品(主に麺類)を思いつくままに紹介するブログです。

125. みそ味専門マタドール@北千住

マタドール本店(※)と同じく北千住駅の東口側に位置している姉妹店。

店名の通り「みそ」がメインの店になっているが、牛骨×煮干など他の味もある。

ひとまず今回は唯一食べたことのある基本の味噌について。

f:id:kenshinkk:20170528075327j:image

贅沢牛骨みそラーメン 1100円

 

牛骨と味噌は基本的に相性が良い。

どちらの濃さなのかはわからないけど、意外とスープの粘度は高い。

でも、後味にしつこさはない。

ただ、西京味噌の甘味がすごく強いので、注意して味を確かめないと牛の風味がそこまでよくわからないのも事実。

牛スープは鳥とか豚骨とか魚介とかのような特徴的な強い風味はないので、何も言われなければ牛だとはわからないかもしれない。

本店の記事でも書いたが、テールスープのような後にほのかにくるというイメージがわかりやすいかもしれない。

 

具はものすごく豊富。 

 

トマトの酸味は甘いスープをちょっと変えたいときに良い酸味のアクセントになる。

レンコンも歯ごたえの変化球として良い。

チャーシューは柔らかくて箸でも切れるくらいだし、味も染みててうまい。

それと比べてローストビーフは少し物足りないか…。

もやしやひき肉は味噌系のスープに合わないわけがない。

画像でいう右側に乗っている油かすは正体がわからなかったので、後で調べてみた。

大阪の南河内地方で昔から食されてきた郷土料理で、

牛の腸を油でじっくりと時間をかけて揚げ、余分な油分を抜いたものらしい。

まわりはカリカリと香ばしく、中はたしかにホルモンっぽい食感。

スープに沈めておくと牛の風味がプラスされるらしい。


マタドールでは味噌の方が好きかな。

近いうちに「牛骨×煮干」にも挑戦してみようと思う。

 

※本店の記事はこちら↓

kenshinkk.hatenablog.com