腸壁を削って美味い物を食す

潰瘍性大腸炎(軽症)持ちの筆者が、病状が悪化してでも食べたいと思う逸品(主に麺類)を思いつくままに紹介するブログです。基本的に週2回(日曜・水曜)の更新です。よろしくおねがいします。

124. 贅沢焼牛塩ラーメン@牛骨らぁ麺マタドール(北千住):チャーギューって初めて聞いた。

その存在はつけ麺博で知ってはいた。

でもなかなか行けなくて、北千住でたまに下車するようになってからその存在を思い出した。

つけ麺博では、牛骨のドロドロスープであったけど、本店ではそれは封印している。

いくつか味があったが、ひとまずは基本の塩味を食べてみた。

 

贅沢焼牛塩ラーメン

f:id:kenshinkk:20170527144925j:image

焼牛はチャーギューと読むらしい。

つけ麺博の濃厚つけ麺のスープをイメージしてたので、あっさり系で肩透かし食らった感じは否めないけど、各賞を取りまくってるだけあって質が高く、ものすごく上品。

牛タンの「ねぎし」で出てくるテールスープをやや濃くした感じ。というのが妥当か。

とにかく良い出汁が出ている。

脂の量としてはほとんど入っていないため、完飲できるのは嬉しい。

チャーギューはいわゆるローストビーフで、思ったほどジューシーさはないけど、味はしっかりしてて、まあうまい方に入るローストビーフ

麺は全粒粉で歯応えが良く、すすり感も良い。スープによく合っている細さである。

ニンニクチップありなしで味が大きく変わるので入れすぎには注意したいところ。

 

正直いうと、もうひとパンチ欲しかった気はするけど、

全体的にはバランスが良くて食べやすいラーメンだと思う。

 

前回行ってからもう1年近く経過するが、

食べログを見てみると、たまに限定麺をやっているらしいので、今度また行ってみたい。