腸壁を削って美味い物を食す

潰瘍性大腸炎持ちの筆者が、病状が悪化してでも食べたいと思う逸品(主に麺類)を思いつくままに紹介するブログです。

104.アジ煮干し塩中華そば(支那そば田なかsecond@秋葉原)

秋葉原で評判が良いということで行ってみた。

たしか、前はここに別のラーメン屋があった気がする。

TRYで2位に入賞した塩ラーメンということで、期待は高かったが、それを超えてくる味だった。

 

メニューは

「アジ煮干し中華そば」

「アンチョビまぜそば

とあり、ひとまずは基本の中華そばを選択。

 

f:id:kenshinkk:20170506214636j:image

得のせ アジ煮干し中華そば(塩) 980円

 

まず特筆すべきはそのスープ。

店側の説明によると、丸鶏と数種類のアジ煮干しを中心に、イワシや椎茸なども入っているという。

アジの旨味がしっかりと感じられ、全くしょっぱさは感じられないゴクゴク飲めそうなスープ。

思わず完飲してしまった。

そしてそれに合わせる麺は、デュラムセモリナを使用した平打ち麺で、まるでパスタのような麺。

プツッと切れる麺は本当に独特で、それでもしっかりとスープに合っていて素晴らしかった。

 

具は、海苔とチャーシューが増量、味玉が入るのが得のせ。

チャーシューは2種類。

豚バラと豚ロース。

豚バラの方は口に入れた瞬間とろける柔らかさ。

豚ロースは脂少なめなのにこちらも簡単に噛み切れて肉の味も濃い。

味玉もしっかりと味がついていて美味しかった。

 

これまで秋葉原で塩ラーメンといったら、くろきか粋な一生だったけど、これからは間違いなくここも候補に入る。

本当にラーメン激戦区だなー、と改めて思った。

 

もう一つのアンチョビまぜそばの方もTRYの汁なし部門で入賞したらしいので、ぜひ次回食べてみたい。