腸壁を削って美味い物を食す

潰瘍性大腸炎持ちの筆者が、病状が悪化してでも食べたいと思う逸品(主に麺類)を思いつくままに紹介するブログです。

72.インフルエンザ

なんだか流行っているらしい。

知り合いだけでも3人罹患している。

4月なのに。

 

最近では2年前の2月に罹った。

木曜日の夕方に突然ふらっときて、視界がぼーっとし始めたので、定時ダッシュして病院に駆け込んだ。

幸いにして、熱はまだ微熱だったが、とある理由からインフルが疑わしいことを訴え、検査をしてもらった。

その理由とは、両親が共に罹患していたことだった。

まあ逃げ場がない。

最初は母親がどこからか貰ってきた。

そして、寝室に閉じこもってくれれば良かったのに、キッチン行ったり、冷蔵庫開けたりするもんだから、菌が拡散してしまった。

翌日には父に移っていた。

そんな中で体調が悪化したので、間違いなくインフルだろうと思っていた。

結果はもちろん陽性で、すぐさまイナビルという吸引薬を摂取し、すぐに寝た。

それでも、その日の夜には38.6℃まで体温が急上昇した。

翌日は丸一日寝て、38度台だったが、土曜日には熱が下がってしまった。

案外余裕だったなと思って、土曜は一日中テレビを見たり本を読んだり、自由に過ごしていた。

そしたら、日曜には38度台に戻ってしまっていた。

これがいわゆる二峰性発熱というやつで、インフルが長引く要因の1つ。

ウイルスがまだ残っているのに熱が下がり切ってしまい、残ったウイルスが再び猛威を振るうという仕組みである。

これのおかげで結局会社は火曜まで休むことになってしまった。

それでも、金月火と3日しか有休を消費せずに済んだのはラッキーだったのかもしれない。

と言っても、結局有休は余ってしまうので使えて得だったという考え方もある。

仕事的には迷惑をかけたが、当時はまだ新人だったためにそこまで評価には影響していないと信じたい。

ちなみに、潰瘍性大腸炎の場合、予防注射できない可能性がある。

ステロイドの一種であるプレドニンを飲んでいる場合、免疫力が弱まっているらしいので、予防注射をしたらそのウイルスに負けて、発症してしまうのだそう。

そういう理由もあって、たびたびプレドニンを飲んでいた社会人一年目は、予防注射をしなかった。

去年からはプレドニンを飲んでいないので予防注射は打てるのだが、

去年かかったから大丈夫かな?ということで打っていない。

本当は毎年打たなきゃ意味ないらしい。

来年からはちゃんと打たなきゃなー。