腸壁を削って美味い物を食す

潰瘍性大腸炎持ちの筆者が、病状が悪化してでも食べたいと思う逸品(主に麺類)を思いつくままに紹介するブログです。

71.麺屋武蔵 武骨相傳 @上野

麺屋武蔵シリーズでは個人的に最も好きな店。といっても、行ったことあるいくつかのうちの…という意味だが。

上野駅の不忍口から歩いてすぐのガード下にあり、いつもわりと並んでいる。

 

ここの特徴は特注のオーブンで焼いたというチャーシューやローストポーク

とにかくデカくて厚いので、枚数を1枚でも増やそうもんなら麺が覆い尽くされてしまう。

肉とつけ麺の両方が食べたい!と思った時に行くべき店である。

 

f:id:kenshinkk:20170405222232j:image

写真は「黒 相傳つけ麺  」

 

普通のつけ麺は麺の上にチャーシュー1枚のみが乗っているが、

「相傳つけ麺」の場合は、上の写真の通り、チャーシュー追加1枚と味玉が乗り、麺がほぼ見えない状態となる。

ローストポークつけ麺」に進化させると、さらに分厚いローストポークが乗るため、

もはや麺を食べに来たのか、豚を食べに来たのかわからなくなる。

それでいて、この店は麺が1kgまで増量可能というもんだから、大食いの人にはたまらないと思われる。

 

このチャーシューだが、食べ応え抜群であるだけでなく、味も素晴らしい。

ちゃんと下味がついているし、チャーシューの上にかかっているソースがまた良い味であり、肉とよく合う。

もちろんスープに入れて麺と一緒に食べても美味しい。

なお、スープにも角煮っぽいチャーシューが入っているため、かなり全体として肉推しのつけ麺である。

 

次に、スープが2×3の6種類。

まず、「ノーマル」と「濃厚」があり、

それぞれに色が、白、黒、赤、とある。

 

基本は白で豚骨魚介(魚介風味推し)、

黒は、白にマー油(焦がしにんにく油)をプラス、

赤は白にラー油の辛味をプラスした、

というのがざっくりとした説明。

 

個人的オススメは、「ノーマル」の「黒」。

マー油の香ばしさと魚介の甘みが良いバランスで食欲をそそるし、他でなかなかない味としては、まずこの「黒」を食べるのが良いのではないかと思う。

なぜ濃厚でないかというと、濃厚シリーズは若干しょっぱいのと、濃厚すぎてうまくつけ汁を節約しながら食べないとスープが足りなくなってしまうので、初心者にはオススメしない。

また、辛いのが好きな人は「赤」でも良いかもしれないが、裏メニューとして、「赤黒ミックス」というのもでき、それがメチャクチャ美味かった記憶があるので、それをオススメする。

↑発病前に1度食べたきり、さすがにもう食べられなくなってしまった。

 

f:id:kenshinkk:20170405222853j:image

「白つけ麺」

 

基本の味を確かめたい人は白でも良いと思う。

白といっても、上の写真のように、白いスープなわけではなく、黒と比較して白めなだけである。

十分味が濃いので、薄味好きな人は最初は白でも良いかもしれない。

 

またここの店は鰹出汁でのスープ割りが美味いので、いくら麺増量が無料だからといって、増しすぎるとあとでスープ割りが味わえなくて後悔することになるので、気をつけるべきである。

 

ということで、肉推しのつけ麺屋、麺屋武蔵武骨相傳でした。