腸壁を削って美味い物を食す

潰瘍性大腸炎持ちの筆者が、病状が悪化してでも食べたいと思う逸品(主に麺類)を思いつくままに紹介するブログです。

45.ウニいくら丼(むらかみ)醤油ラーメン(梅光軒)

札幌最終日。

グルメ旅行とばかりに詰め込む。

 

まずは開店直後をねらって、

「函館うに むらかみ」へ。

f:id:kenshinkk:20170311005028j:image

ウニいくら丼(3100円)を注文

なかなかのお値段だけど、そりゃ美味いわ。

ちょっと思ったより丼が小さかったけど、

ウニもいくらもどっさり入っていたから満足感はかなりある丼だった。
ウニは全く臭みがなく、出汁醤油もよく合う。イクラも粒がしっかりしてて、イヤなベタベタ感は無かったのが良かった。
味噌汁の出汁やお通しも美味しかったから、今度来た時は単品メニューにも挑戦したい。
ババガレイ薦められたけど、どんな魚なんだろ。初めて聞いた。

 

梅光軒

f:id:kenshinkk:20170311005218j:image

醤油ラーメン(730円)

純粋な醤油ラーメンではなくて、わりと豚骨ベース。
家系ほどどぎつくないけど、思ったより濃厚。


サッポロ一番の醤油をイメージして居たから少し肩すかし感はあったけど、まあ普通に美味しかった。
細縮れ麺でスープの濃さには合ってた。
この麺で味噌スープだったらちょっと物足りなくなっていたかも。
チャーシューはイマイチ。

 

これでまさかの3日連続ラーメン。

ギトギトのを食べたわけじゃないから大丈夫だとは思うけど、腸の方が心配。

それと、脂肪の方も。

しばらくは節制しなければ。