読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

腸壁を削って美味い物を食す

潰瘍性大腸炎持ちの筆者が、病状が悪化してでも食べたいと思う逸品(主に麺類)を思いつくままに紹介するブログです。

35.空腹で寝る

稼げる男は空腹でベッドに入り、

稼げない男は夜食を食べる。

らしい。

 

内臓がフルで働いている状態は、従業員を過労死に追い込むブラック企業と同じ状態を意味します。

って言われてなんか納得した。

 

わりと昔から、

歯の矯正とか、今の持病とかで食事制限をされることが多かったから、

空腹耐性はあるほうだったけど、

夜におなかがすいたらつい食べてしまうことが多かった。

まあ、帰り道にうまい店がたくさんありすぎるのが元凶なわけだが。

(ある意味ありがたいのだけど)

 

そんでまあ、

実際夜耐えてみたら、朝の目覚めが全然違う。

おかずだけ食べてご飯を食べないってだけでも違う。

 

ただ、糖質を食べすぎないことは良くないらしく、

認知症リスクが上がるのだとか。

しかも恒常性ってのも考えると、

毎日ご飯抜きってのはまずそうだ。

 

そうなると、結論としては、

早く帰って腹八分目で寝るってことになるわけだが、

それができればもともと苦労しないよね。

 

まあ、不規則にはなるかもしれないけど、

夜食べ過ぎず、空腹で寝るようにすることだけは、

無理のない範囲でしばらく続けてみようと思う。