腸壁を削って美味い物を食す

潰瘍性大腸炎持ちの筆者が、病状が悪化してでも食べたいと思う逸品(主に麺類)を思いつくままに紹介するブログです。

33.まる玉ラーメン@両国

雑誌やテレビで紹介されてた有名店。

TRY(東京ラーメンオブザイヤー)も受賞したらしい。

祖母のお見舞いで両国まで来たので寄ってみた。

今日の両国周辺は東京マラソンのコースになっていて、辿り着くまでが大変だった。

清澄通りがコースになっていたため、好きなところで渡るところができない状態。

当然ながら歩道橋には長蛇の列。

歩道橋の上で写真を撮る人がいるから全然進まない。

やっと歩道橋を乗り越えて店についてもまた長蛇の列。

心が折れそうになった。

でも、このお店回転が早くて、列がどんどん進んだ。

 

席に着いてからもあっという間に出てきた。

麺が細いから茹で時間が少ないこともあるんだろうけど、隣の人が頼んでた替え玉の待ち時間もほぼゼロだった。

 

f:id:kenshinkk:20170226124724j:image

まる玉ラーメン味玉入り780円

 

一言で言うならば「究極のシンプル鶏白湯ラーメン」

具はシンプルでチャーシューとネギとアオサ。

どれも追加料金で増量できるけど、今回はしなかった。

でも、ネギとアオサはどちらも増量したくなるほど鶏白湯スープとの相性は抜群。

卵もちゃんと味が染みてて素晴らしかった。

ドロドロというよりはサラサラ系のスープに細麺を合わせているので、いわゆる「博多豚骨ラーメン」の鶏白湯バージョンを食べてる感じ。

ただ、脂の量はそこまで多くないので、食べ終わりは爽やかだし、腸へのダメージも少なくて済みそうだなーという印象。

 

隣の人を見ると、替え玉をするとガーリックチップ的なものが乗せられるようになるみたいだったので、次回は替え玉をしてみたい。