読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

腸壁を削って美味い物を食す

潰瘍性大腸炎持ちの筆者が、病状が悪化してでも食べたいと思う逸品(主に麺類)を思いつくままに紹介するブログです。

2.かしわうどん@手打ち白門うどん家康(入谷)

発症後、記念すべき第1回目の外食は「うどん」でした。

初めてこの店に訪れたのは小学生の頃、

それから15年以上お世話になっているうどん屋さんであり、

思い出補正込みですが、個人的にうどん屋では不動の1位です。

 

食べたのは、「かしわうどん

f:id:kenshinkk:20160124112409j:plain

具は、鶏むね肉、ネギ、三つ葉、かまぼこ

本来なら、これに加えて揚げ玉が付きますが、店長さんに言って揚げ玉を抜いてもらいました。

あと、特別に鶏皮を剥いでもらって、極限まで脂を少なくしてもらっています。

 

病気になってしばらくは「疑わしきものは食べない」という信念のもと、

・おかゆ/ごはん

・鶏ささみ

・素うどん

・焼き魚(白身魚)

・ヨーグルト

・野菜ジュース

だけの生活が1か月近く続いていたので、

久々の外食とあって、その美味しさは格別でした。

 

このお店のうどんの特徴としては、

・コシの強い手打ち麺

・関東風と関西風のいいとこ取りをしたようなスープ

・手作りゆず胡椒(※辛いので現在は食べられず)

という点が挙げられます。

 

とくに麺は特徴的で、ここでしか食べられない独特のコシがあります。

さらに、このお店はもともと麺の量が300gと多い(ほかの店の1.5倍程度)のですが、これを無料で1.8倍(540g)まで増量してくれるという何とも素晴らしいサービスがあります。

私は普段1.5倍が多いです。

そして、その麺とスープの相性が抜群で本当に飽きが来ないです。

また、私は食べられなくなってしまいましたが、オリジナルのゆず胡椒がとにかくおいしいです。

一般のゆず胡椒と違って色が赤いため、ゆず七味に近いかもしれませんが、独特の辛味がスープとよく合うため、発症以前はよく入れていました。

 

【その他のメニューについて】

・家康うどん

ラーメン屋でいうところの「全部入り」のような具だくさんの豪華なうどんです。

豚肉、牛肉、鶏肉、なめこ、揚げ玉、三つ葉、かまぼこ

などが入っています。

基本的にこれを食べておけば間違いないです。

 

・力うどん

f:id:kenshinkk:20160124124242j:plain

揚げたお餅が3つも入っているボリューミーなうどんです。

私が注文する際には揚げずに入れてもらいます。

 

・ざるうどん

f:id:kenshinkk:20160124124510j:plain

夏場はこれに限ります。

コシの強いうどんの麺の美味しさを存分に楽しむことができます。

類似メニューとして、薬味付きの板うどん、ごまだれのざるうどんなどがあります。

 

・冷やし御膳

ぶっかけタイプの冷やしうどんで、温泉卵、エビ、豚肉、キュウリ、カイワレなどの具とその他薬味が乗っています。

 

・唐うどん

冷やし麺を温かいスープにつけて食べるタイプのつけ麺のようなうどんです。

辛い坦々風のスープに温泉卵、豚肉、ネギ、キュウリなどの具が入っており、

つけ麺が大好きな私にとっては大変美味しく食べておりましたが、

唐辛子が入っているので、発症以降は食べられなくなってしまいました。

 

・出世うどん

食べ切ると出世できるといわれるという名物メニューです。

麺の量は900gと通常メニューの3人前です。

注文に条件があり、

  1. 25才以下
  2. 平日に行く(休日は別メニューのため)
  3. 当日うどんが100食売れていないこと(100食限定のため)
  4. 残すと2000円増し

とのことだそうです。

私も、25才までには一度完食して出世したいと思っていましたが、

そうこうしているうちに発症してしまったこともあり、

気づいたら25才を過ぎてしまっていました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

今回はうどんということで、

腸壁にとってはほぼ負担のかからないメニューでしたが、

この頃はまだ症状が安定しておらず、突然の腹痛や血便にも悩まされていたので、

「美味しいものを食べられる幸せ」というものを改めて痛感しました。

 

この日の感動が、「制限された中でも美味しいものを追求していこう」というモチベーションにつながり、今に至っているのかなと思うと感謝してもしきれません。