腸壁を削って美味い物を食す

潰瘍性大腸炎持ちの筆者が、病状が悪化してでも食べたいと思う逸品(主に麺類)を思いつくままに紹介するブログです。

仕事

152. 新人教育講義を終えて

新人教育で自分の担当した授業が終わった。 内容は、前にも記事にしているが電子回路概論ということで、 受動素子を中心とした電気回路理論 能動素子を中心とした電子回路理論 論理回路を中心としたデジタル回路理論 入出力特性を扱う制御工学 それらを総合…

143. 残業規制

というか、残留規制というべきか。 21:00以降に会社に残ることが原則禁止になった。 早く帰れるようになったことは良いが、いいことばかりでは無い。 納期に間に合わせるために、21時を過ぎる試験をしなければならない日もあるし、業務関係なく自主的に会社…

142. 良い問題

たまたま目にとまった問題がとても良かった。 急いでいたり疲れていたりしたらまず間違うと思う。 誰でも最初に思いつくのは15。 最終段がなければそれも正解である。 しかし、最後は13,7.21という組み合わせ。 差分で考えていくと合わない。 早とちりせずに…

134. しくじり偉人伝(ピタゴラス)感想

「人はなぜ勉強しなければならないのか」 それを解き明かすという授業。 18歳から20年修行の旅 街ができるほど人気が出る演説ってどれだけ凄かったのだろうか。 演説力って大事。 中田の解説ってやっぱり凄い。 文献に残っている4つの奇跡を科学だと解き明か…

133. 電子回路概論

とかいうタイトルで新入社員に対して授業を行う事になった。 回路設計経験の少ないこの俺が。 きっと「もっと勉強しろ」という上司からのメッセージなのだと受け取って、毎晩ひたすら勉強&パワポ作りの毎日である。 しかし、仕事はパワポ作り以外にも大量に…

132. 出オチ(後編)

前編からの続き。 ↓未読の方は先にこちらを。 kenshinkk.hatenablog.com 水曜日の中国出張報告会の冒頭にて、 あえて金曜日に行われる業務報告会のテンプレ挨拶をかまし、 上司の助けもあってなんとか笑いを取ることに成功し、 残すは金曜日の業務報告会本番…

131. 出オチ(前編)

先週はプレゼンだらけの1週間だった。 中国出張の報告と、 入社以来3年間の業務報告。 前者は単に情報共有。 後者は同期が全員発表して、審査されて順位も付けられる。 休日返上で資料作りや発表練習などを行い、 ひたすら準備に明け暮れていた。 まずは、水…

128. カンブリア宮殿(井村屋)感想

「ひとがやらないことをやれ」 それが井村屋2代目の井村二郎さんの言葉である。 井村屋はあの「あずきバー」を生み出した会社であり、 コンビニ等の肉まんやあんまんもほとんどがこの井村屋である。 このあずきバーが生まれたのは1973年。 この1本の中に100…

116. 上海上空より

中国出張関連では、一旦最後の投稿にしようと思う。 今回の出張では、飛行機は窓側に座っていた。 普段はトイレに近くなるように通路側に座るが、忘れていてたまたま窓側になってしまっていた。 フライトは3時間程度なので大丈夫だろうと思ってはいたのもあ…

114. 中国出張5日目

無事日本に帰ってきた。 結局お土産は地元のスーパーでお菓子を買った。 空港の免税店で買うというプランもあったが、それには乗らなくてよかった。 ガチで高すぎる。 例えば、上海ガニ味のプリッツやウーロン茶味のポッキーが125元(約2000円)だったり、ちょ…

113. 中国出張4日目

朝から下っていて3回ほどトイレに行くという最悪のスタートから始まった4日目。 第1にして最強の切り札「フェロベリン」を投入してなんとか窮地をしのいだ。 朝の1錠だけで症状が治まったのは、不幸中の幸いだった。 第2にして諸刃の剣「プレドニン」は最後…

112. 中国出張3日目

教訓:中国人に辛くない食べ物を紹介してもらうときは「辛くないもの」ではなく「唐辛子が全く入っていないもの」と言うべきである。 今日がまさにそうで、昨日とは違う通訳の方に昼飯を紹介してもらうことになった。 そして出てきたのがこちら。 日本風に言…

111. 中国出張2日目

2日目は学会(CMEF2017)で一日中歩き回った。 会場がとてつもなく広く、歩いた距離はなんと13.5km。 足が棒のようである。 そんな中、会場の余興ステージ的な場所を通りかかったときに、星野源の「恋」が流れてきたのにはびっくりした。 まさか中国まで来て「…

110. 中国出張1日目

出張で上海に来ている。 よくわからないけど、LINEやgmailが使えなくて連絡手段が無いのがつらい。 wifiをオンにしても全くつながらない。 VPNを使えばいけるらしけど、それすらも規制されかけてるらしく、 日本に戻っても使えなくなる人がいたとかいう情報…

92.オフピーク

今日はオフピーク通勤をしてみた。 30分早く起きて、数本早い電車。 全然違う。 とくに大江戸線。 日比谷線の7時台はまだまだ地獄だけど、大江戸線の7時台はまるで楽勝。 日比谷線ももうちょい空いてくれると楽なんだけど、なぜここまで違いが出るのか。新型…

91.残業

会社の方針で21時以降の残業が極度に制限されるようになった。 それ自体は喜ばしいことだが、やらなきゃならない仕事量は変わっていないどころか、増えてしまっている。 それでいて人数もそこまで増えないし、人事異動で減っていくばかりなのが辛いところで…

90.メンター

来月入ってくる後輩のメンターになることになった。 メンター制度はよく知らないけど、まあ世話役とか指導役とかそういう感じらしい。 自分が入社した時はチューターという名前だったが、いつからメンターになったのだろうか。 ウチの部署はハードとソフトが…

84.席替え

会社で席替えがあった。 部門内を丸ごと席替えするということで、32人がほぼ全員動いて、最適な位置に移動させるということになった。 1時から始めて終わったのは4時すぎ。 その間ずっと重労働。 本当に疲れた。 今、若手の中で雑用の仕切り役的なことをやっ…

80.壮行会

現場での対応から上司の壮行会に駆けつけた。 参加は遅くはなったけど、なんとか間に合った。 20年もの長い期間今の部署で礎を作ってきた先輩だったので、最後の挨拶を聞けてよかった。 不具合を直した時の喜びについて語られていた。 自分も早くそれができ…

78.棚卸打ち上げ

若手メンバーで打ち上げをした。 みんな色々苦労してるなというのがわかった。 本当にみんなよくやっていると思う。 残業が制限される中、腐っちゃう人がいてもおかしくないし、ちょっと厳しくいう上司がいたら辞めても仕方ないと客観的には思うレベル。 そ…

74.送別会と壮行会

退職者に対する会が送別会 異動者に対する会が壮行会 完全に間違えてた。 壮行会と送らなければならないところを送別会と送ってしまった。 怒られはしたけどここでひとつ勉強になったから良しとしよう。 そしてお決まりの店選びの困難が始まった。 いつも本…

66.棚卸

今年も無事に終了した。 良いか悪いかでいったら、ものすごく良かった。 棚卸しに良いも悪いもないのかもしれないけど、 早く終わったという意味では凄く良かったし、 去年までかけていた無駄な工数を大幅に削減できたことは良かった事だと思う。 詳しくは別…

63.前日追い込み

夏休みの宿題を前日に追い込んでいる人みたいな状況になっている。 勉強会のプレゼンなのでそこまで頑張ることはないのかもしれないけど、 間違った情報を共有するわけにいかないので、頑張るしかない。 夏休みの宿題については、いつも早く終わって人に写さ…

42.勉強会

恐れていたことが起きた。 まあわかってはいたけど、勉強会のネタが無い。 自分で設計していなくて、 評価と雑用ばかりやっていて、 発表できるはずがない。 学会の参加報告にしようという目論見も甘すぎた。 やはり内容次第。 仮の資料をいくつか作って見て…

38.雑用

会社の野球部のキャプテンに就任してしまった。 これで2団体名。 ノウハウはある程度分かっているとはいえ、どちらもほぼ雑用係なわけで。 でもやるからにはきっちりやりたい。 これまで、たくさんの雑用をこなしてきた。 みんながやりたがらない仕事をすす…

34.勉強

正直に言って、勉強しないとやばいという自覚はある。 一応就職はしているが、一般的常識が欠けている気がする。 一番勉強していたのは高校時代。 でもそれは、極端に言えば筋トレをしていたようなもので。 出てくる問題のパターンをひたすら暗記して吐き出…

31.プレミアムフライデー

残念ながらプレミアムフライデーが施行される会社ではなかったけど、久しぶりに定時退社してみた。 でもまわりから「あれ?今日はプレミアムなの?」っていう会話が出る時点で、 ブラックな部類に入るのかなーと思う。 でもまあ、たまたまとはいえ定時退社で…

30.新入社員へのメッセージ

書くことになってしまった。 正直にいうと自分は大した仕事をしていないので人選ミスのような気もするけど、 任された以上書くしかない。 ただ、実際書いてみると「ミスをしないように」的なマイナス志向が透けて見えるようなアドバイスしか浮かんでこない。…

22.リスクマネジメント

セミナーを受けてきた。 医療従事者に対してどのような指導をしているかという講演では、 どの仕事も同じなんだってことを痛感した。 人は誰しもミスをしてしまう。 いくら対策を重ねようとも、それをすり抜けてしまうことがある。 スイスチーズモデルという…

21.回避

異動の危機を回避した。 守られた、といったほうが良いかもしれない。 とにかく感謝。 でも依然として先行きは不安。 今後どうなっていくのだろうか。 果たして来季、仕事はあるのだろうか。 労働環境でいろいろと問題がある中で、 一社員としては、どう向き…

9.思い込み

思い込みは怖い。 またミスをしてしまった。 ミスする ↓ 自分のことが信じられなくなる ↓ 人の言うことを鵜呑みにしてしまう ↓ ミスする の繰り返し。 結局は確認不足なんだろうなー。 常に冷静に何が正しいかを考えてから実行しなければ。 焦らない。 遅く…

8.打ち上げ

携帯から初の更新。 と言っても、ただ更新忘れて寝そうになって気付いて布団の中で更新しているだけである。 完全に酔いの影響。 とにもかくにも店選びがうまくいってよかった。 慰労会というくらいだから個室で豪勢にやるのが良いね。 こじんまりしたところ…

7.ひと段落

開発にかかわっていた製品が無事出荷されることとなり、仕事がひと段落。 ほぼオンスケジュールでの開発ができて、それに微力ながら貢献できたのは良かった。 少し落ち着くのかと思ったが、他の機種のヘルプに入らなきゃでなかなか落ち着けなさそうなのが少…