腸壁を削って美味い物を食す

潰瘍性大腸炎(軽症)持ちの筆者が、病状が悪化してでも食べたいと思う逸品(主に麺類)を思いつくままに紹介するブログです。基本的に週2回(日曜・水曜)の更新です。よろしくおねがいします。

399. 特製つけ麺@朧月(銀座)

前から行ってみたかった銀座にある人気つけ麺店。 ここのお店は銀座からやや新橋寄りにあり、新橋で乗り換える際に少し時間があったので足を延ばしてみることに。 その日は店の外には3人しか並んでおらず「ラッキー」と思っていたのだが、ちょうど客が入り切…

398. 海老寿久担々麺@麺屋 愛心(町屋)

はじめに申し上げておくと、 完全にドクターストップの一杯である。 それでも食べたいと思ったのは、 昨年から何度か紹介記事を挙げているラーメン「稲荷屋」の店長さんにオススメされたからである。 美味しいラーメンを出す店長さんが紹介するラーメンが美…

397. 満福かに玉あんかけ@丸亀製麺

12月末から1月まで丸亀で食べることのできた限定麺。 昔食べた某チェーン店の「卵あんかけ系うどん」があまり美味しくなく、そのイメージから、なんとなくいつも卵系のうどんは敬遠していた。 しかしながら、最近の丸亀の限定麺はいつもクオリティが高いので…

396. バリ味噌ラーメン@2代目つじ田味噌の章(飯田橋)

先日飯田橋に寄った際、久しぶりに「つじ田」のつけ麺を食べようかなーと思った矢先、 隣にある「味噌の章」の存在に気付いたため、寄ってみた。 味噌の章自体は発病前に一度食べたことがあったのだが、なんとなく「脂が多そうだなー」と思って敬遠していた…

395. オクトパストラベラー感想(ネタバレあり)

前回に引き続き、オクトパストラベラーの感想。 今回はネタバレありでストーリーの核心にも触れまくっていきたいと思う。 なお、厳密にいうとサムネイル画像はネタバレなのだが、完全クリアするとタイトルロゴの上に王冠マークが表示される。 よって、「クリ…

394. オクトパストラベラー感想(ネタバレなし)

「古き良きRPGの完成形」 そう形容するのが最もしっくりくる名作。 ニンテンドースイッチ「オクトパストラベラー」を今回は紹介する。 CMを見た瞬間に「これは絶対好みのゲームだ」と思って飛びついたのだが、その直感は正しかった。 ジャンルとしてはシンプ…

393. ロールキャベツをオマールコンソメで@稲荷屋(稲荷町)

本ブログにおける昨年度の食べ物ランキングにて見事1位に輝いた稲荷屋さん。 2か月おきに限定ラーメンを提供しており、 前回(※)10月・11月の限定ラーメンが非常に美味しかったため、 12月・1月の限定メニューはもっと早く食べに行きたかったのだが、 結局…

392. にほんいち醤油そば@麺巧 潮(淡路町)

前回に引き続き、「麺巧 潮」さんの記事。 「白」と「黒」で対をなす2つの看板メニュー。 前回「白」を紹介したので、今回は「黒」。 こちらは洋風だった「白」とは打って変わって、完全な和風。 にほんいち醤油そば 870円 まずタイトルの「にほんいち」っ…

391. 鶏白湯そば@麺巧潮(淡路町)

世にも珍しい「洋風」鶏白湯ラーメンを食べられるお店。 数年前からテレビや雑誌でも紹介されて既に人気店であるが、記事にはしていなかったので今更書いてみる。 場所は淡路町or小川町から秋葉原に向かって歩いていく途中にある。 高校生の時にはこのあたり…

390. 白だしそば@志那そば しんば(門前仲町)

門前仲町にある、支那そばの名店。 友人の推薦もあって訪問してみた。 そもそも支那そばとラーメンはどう違うのか。 自分でもよくわからずに使っていたので、調べてみると意外な事実が。 なんと、どの時代の呼び名を使うかという違いだけで、指しているもの…

389. 烏賊干鶏白湯醤油そば@纏(新橋)

新橋で評判の良いお店。 百名店にも選ばれたということで、ずっと行ってみたかったのだが、たまたま先日新橋に立ち寄る機会があったので訪問した。 まず、この店に入る際には、入り口がわかりづらいので注意が必要。 入り口が狭い路地の奥にあり、道路に面し…

388. ハラミ丼@やまの(秋葉原)

秋葉原から浅草橋方面に少しだけ行ったところにある丼店。 かなりコスパのいい焼肉丼を食べることができる。 おそらく秋葉原駅のすぐ近くにある「焼肉 やまの」の姉妹店かと思われるが、本店の方は行ったことがない。 こちらのお店のコンセプトは「唯一無二…

387. ステーキランチ@ステーキハウス松波(浅草)

お正月ということで、若干リッチなお店の記事を書いてみようと思う。 人生で初めて目の前で焼いてくれるタイプのステーキを味わったのがこのお店。 浅草の老舗ステーキ屋であり、昔から数年に1回程度家族で食べに来ていた。 とはいっても、目の前で焼いてく…

386. 2018年度食べ物ランキング

2018年も残すところあと1日ということで、 昨年同様に、印象に残った食べ物のランキングを発表していきたいと思う。 なお、今年の本ブログの記事は83件。 そのうち、食べ物に関する記事は63件。 ということで、今年も大部分の件数が食べ物(おもにラーメン)…

385. 金目鯛のヴァンブラン@稲荷屋(稲荷町)

前回記事において、 「次こそは限定にありつきたい」 と述べていたのだが、 実はある意味、嘘である。 たしかに、その12月1月の限定にはありつけなかったのであるが、 実は、超ラッキーなことに別の限定メニューにありつけていた。 その「別の限定」があまり…

384. 塩ラーメン@稲荷屋(稲荷町)

2回ほど紹介した稲荷町の稲荷屋。 店側からおススメされているレギュラーメニューは醤油ラーメン(およびワンタンメン)なのだが、もう一つのレギュラーメニューが今回紹介する塩ラーメンである。 この時は、限定麺を狙っていたのだが、残念ながら夜も遅かっ…

383. カニコロバーグ@グリルビクトリヤ(鶯谷)

前回に引き続き、 鶯谷の老舗洋食屋の記事。 私は小さい頃からいつも父と一緒にふたりで外食に行くことが多いのだが、 父は、ひとつのメニューを気に入ると、次以降は絶対そのメニューを注文し続ける人である。 正直、私としては色んなメニューを食べてみた…

382. 牛ヒレ生姜焼き@グリルビクトリヤ(鶯谷)

このブログの原点となったと言っても過言ではない、鶯谷の老舗洋食屋グリルビクトリヤの生姜焼き。 テレビや雑誌などで紹介されて最も有名なのは豚ヒレの生姜焼きなのだが、 そういえば牛肉の生姜焼きは食べていなかったので、いい機会だと思って挑戦してみ…

381. ゼノブレイド2:黄金の国イーラ 感想

長々書いてきたゼノブレイド2のレビューもついに最終回。 ストーリーにおいて非常に重要な要素となっている「500年前の聖杯戦争」これが前日譚として別パッケージでソフト化されたのが本作。 本家ゼノブレイド2(以降、本編とする)のエキスパンションパスを…

380. ゼノブレイド2 感想:最終話 そして少年は少女と出遭った

ゼノブレイド2最終話感想。 (ネタバレ回避スクロール) 最終話。 20xx年。 第一低軌道ステーション「ラダマンティス」にて起きた、ある事件の存在と、そして現在の世界の成り立ちが語られる。 その男の名はクラウス。 助手の名はガラテア。 この顔、見覚え…

379. ゼノブレイド2 感想:第9話 雨

ゼノブレイド2第9話感想 (ネタバレ回避スクロール) アーケディアとイーラとの三つ巴の闘いが始まる。 イーラ側ではサタヒコがひとり、モノケロスに残り、戦闘体型に変形。 サタヒコは実はブレイドイーター。 500年前に実験体にされた難民の生き残りだった…

378. ゼノブレイド2 感想:第8話 世界樹

ゼノブレイド2第8話感想。 (ネタバレ回避スクロール) モルスの断崖から落ちた先は、モルスの地と呼ばれる場所。 旧文明の栄えた都市がそのまま残っているようである。 写真の通り、横断歩道のようなものもあり、なんだか荒れ果てた日本っぽくて非常に不気…

377. ゼノブレイド2感想:第7話 新たなる剣

ゼノブレイド2第7話感想。 (ネタバレ回避スクロール) ホムラが居なくなりレックスは絶望する。 2日間、誰の励ましも耳に入らず、完全に挫折。 ニア、カグツチ、ハナに殴られるも立ち直れない。(ここの女性陣の怒り方はそれぞれ個性が際立ってて面白かった)…

376. ゼノブレイド2感想:第6話 傷

ゼノブレイド2第6話の感想。 (ネタバレ回避スクロール) シンの回想シーンから始まるのだが、 この回想でシンとラウラの出会いが明らかに。 シンは元々王国の至宝と呼ばれるほどのブレイドとして王家に仕えていたが、ドライバーが亡くなってコアの状態にな…

375. ゼノブレイド2感想:第5話 軛

ゼノブレイド2第5話の感想。 (ネタバレ回避スクロール) ファン・レ・ノルンと共に法王庁へ向かうレックスたちは、レックスの故郷である、リベラリタス島嶼群のイヤサキ村へと寄る。 その道中、ヒカリがファン・レ・ノルンに話しかけるが、ファンは昔の記憶…

374. ゼノブレイド2感想:第4話 天の聖杯

ゼノブレイド2第4話の感想。 (ネタバレ回避スクロール) 第3話で亡くなったヴァンダムさんの葬儀から始まる第4話。 ホムラがヒカリと自分が二重人格であることと、500年前のことを語り出す。 ヒカリとメツは対をなす「天の聖杯」と呼ばれるブレイドであり、…

373. ゼノブレイド2感想:第3話 戦

ゼノブレイド2の感想。 今回は衝撃の第3話。 ここから大きく話が動き始める。 (ネタバレ回避スクロール) 巨大フィールドであったグーラから早くも飛び出し、 世界樹への手がかりを探すため、舞台は「インヴィディア」という次の巨神獣へ。 そこでフレース…

372. ゼノブレイド2感想:第2話 機械仕掛けの人形

前回から引き続き、ゼノブレイド2の感想。 今回は第2話。 (ネタバレ回避スクロール) タイトルは3人目のプレイアブルキャラクターであるノポン族の「トラ」およびその祖父と父とが開発した人工ブレイド「ハナ」のこと。 この第2話は、シンたちから逃げ切っ…

371. ゼノブレイド2感想:第1話 出逢い

前回からの続き。 今回からはゼノブレイド2の各章の感想を書いていこうと思う。 今回は第1章。 なお、ネタバレには全く配慮しないため、これからプレイされる予定のある方は読まないことをオススメする。 第1話では「出逢い」というタイトルの通り、 主人公…

370. ゼノブレイド2感想:全体概要(ネタバレ無し)

ニンテンドーswitchを買ってしまった。 目当てはこのゼノブレイド2。 前作の「ゼノブレイド」で大ハマりしてしまったこともあり(※別記事参照)、 発売当初から欲しいなーとは思ってはいたのだが、なかなかまとまった時間が取れず、買っても遊べないため買う気…