腸壁を削って美味い物を食す

潰瘍性大腸炎(軽症)持ちの筆者が、病状が悪化してでも食べたいと思う逸品(主に麺類)を思いつくままに紹介するブログです。

340. カルボ@スパゲティストアカルボ(入谷/浅草)

入谷と浅草の中間地点(千束)にあるスパゲティ屋。 駅としてはTXの浅草駅が最も近いかもしれない。 「スパゲティーのパンチョ」などでおなじみの、最近流行している「ロメスパ」を5年以上前から提供し続けているお店。 ロメスパとは、「立ち食い蕎麦屋のよ…

339. 草野球における荷物運びの問題2

約1年前に、草野球の際の荷物運びに関して以下の記事を書いた。 当時は、その時の最適解を選択したつもりだったのだが、人生そう簡単にはいかないものである。 1年が経過して、現在それがどうなっているかについて記載したいと思う。 kenshinkk.hatenablog.c…

338. 冷し揚げなすおろしそば@小諸そば

暑くなってくると食べたくなる一品。 小諸そばでは、以前書いた「2枚冷やしきつね(※)」とこちらの「冷やし揚げなすおろしそば」が個人的・2大定番メニュー。 大盛りにしてもワンコインで食べられるので、財布にも嬉しいメニューである。 入っている具として…

337. ラムリブロースジンギスカン@松尾のジンギスカン(新千歳空港)

北海道出張の帰りがけに新千歳空港で寄ったジンギスカン店。 今更紹介する必要もないほどの有名店なのだが、 せっかく本場の店舗で食べてみたので、記事にしてみる。 昨年に札幌出張した際にはジンギスカンを食べ損ねていたので、 実は念願叶っての来店であ…

336. 魚飯(いおめし)と宗田節味噌汁@土佐清水ワールド(上野)

こちらのお店の紹介も今回で一旦最終回。 振り返ってみると、 第1回(魚編) kenshinkk.hatenablog.com 第2回(肉&サイドメニュー編) kenshinkk.hatenablog.com そして、今回はいよいよ〆編である。 まず頼んだのはこちらの2品。 棒鯖寿司(ハーフ)と土佐巻き…

335. 四万十鶏&四万十ポークの藁焼きステーキ@土佐清水ワールド(上野)

前回(※)に引き続き、土佐清水ワールドの紹介。 今回は肉&サイドメニュー編である。 高知と聞くと魚系のイメージが強いが、肉料理もなかなか美味しく、あなどれない。 ・四万十鶏の藁焼きステーキ 肉系の藁焼きの中で一番リーズナブルなものがこちら。たし…

334. カツオとブリの藁焼き@土佐清水ワールド(上野)

藁焼きという料理をご存知だろうか? 藁(わら)を使い高火力で皮をパリッと焼き上げる高知県では名物の料理であるが、 室内では調理しづらいからか、提供してくれる店はあまり数多くないように感じる。 上野にも長年見かけなかったのだが、昨年末ごろに新し…

333. 分厚いタン/ヒレ/ハラミ/カイノミ@とんり(本郷三丁目)

焼肉において、何mmを超えたら「分厚い」と認識されるのだろうか? 5mm? 10mm? 部位にもよるのだろうが、ここの店の定義ではおそらく20mmを超えている。 今回はそんな「肉の分厚さ」にこだわる焼肉店を紹介する。 本郷三丁目に最近できた焼肉店「とんり」。 …

332. 肉のヒマラヤ@焚火家(渋谷)

渋谷にて草野球の帰りに立ち寄った焼肉屋。 先日王様のブランチでも紹介されたというこのお店は、さすが紹介されるだけあって人気もすさまじく、ギリギリ入ることができて非常にラッキーであった。 この日は草野球で気持ちの良い逆転勝利を飾ったこともあり…

331. 濃厚武仁つけ麺@麺屋武蔵武仁(秋葉原)

秋葉原に2つある麺屋武蔵系列のうちの一つ。 以前紹介したのは電気街方面にある「巌虎(※)」だったが、 今回は、昭和通り方面にある「武仁」。 どういう暖簾分けの方法を取っているのかはよくわからないが、「武」という感じが入っていたり、宮本武蔵に関連す…

330. 牡蠣つけ麺@麺屋佐市(錦糸町)

錦糸町にあるラーメン屋。 数年前から錦糸町に存在するのは知っていたが、 牡蠣だしにあまり興味が無く、なぜか入ろうという気にならなかった店。 なぜもっと早く試してみようと思わなかったのだろうか。 まさに「ここにしかない」一杯が食べられる店であり…

329. 味噌わかめそば2018@くろ㐂(秋葉原)

随分前になるが、今年の春のワカメそばの記事を書き忘れていたことに気づいたので、今更ながらアップしてみる。 くろきで毎年春にワカメそばを出しているのは知っていたが、これまで食べに行ったことはなかった。 というのも、主役が「ワカメ」と聞いて、そ…

328. 特製鶏白湯つけ麺@麺屋 翔(品川)

品川麺の達人(品達)七人衆のうちのひとつ。 JR品川駅の高輪口から出て少し行ったところにあるガード下に、ラーメン屋が7件集まっている。 昔からある「なんつっ亭」「きび」「せたが屋」「TETSU」などは何度も行ったことあるが、ここの店は初めて見た。 メイ…

327. 貝塩らーめん@改(蔵前)

ふと立ち読みしたラーメン雑誌に載っていて知ったお店。 蔵前は家からそれなりに近いのに滅多に行く機会が無く、完全に見落としていた。 ラーメンとつけ麺があるが、アッサリ系ということで、まずはラーメンの方から頂く。 ※なお、つけ麺は煮干し系の模様。 …

326. 鶏だし醤油中華そば@ちよがみ(東京ラーメンストリート)

東京ラーメンストリートの店舗のうちのひとつ。 急ぎだったので、あまり並んでいなかったこちらの店を選んだわけだが、 斑鳩の店主が手がけるセカンドブランドということで、おのずと期待が高まる。 コンセプトとしてはオーソドックスな「東京中華そば」であ…

325. 練り醤油らーめん@無銘(神田)

神田駅と秋葉原駅の間の山手線の高架下にあるラーメン店。 暖簾に「麺」と書いてあるだけの店が「無銘」である。 地図をよく見ないと見落としてしまうので注意が必要。 メニューは ・熟成練り醤油らーめん ・塩らーめん~トリュフオイル掛け~ ・四種の魚の…

324. 特製ベジソバ@ソラノイロNIPPON(東京駅)

東京駅八重洲地下街の東京ラーメンストリートにある店舗のひとつ。 独創的な野菜のラーメンを出すお店である。 ラーメンストリートには様々な店が並んでいるが、他は割とオーソドックスなものが多いため、この店は一際異彩を放っている。 今回注文したのは、…

323. ラーメン@わいず(末広町)

秋葉原のラーメンランキングで常連だった「十紋字」というラーメン屋。 いつか行きたいなーと思っていたら、いつの間に無くなっててショックだったのだが、実は名前が「わいず」に変わっていただけであったのを最近知って、尋ねてみることにした。 メニュー…

322. 浅蜊白湯つけそば@潮くろ㐂(秋葉原)

今回は土曜日の訪問だったのだが、貝のつけ麺を食べることができた。 おそらく前回記事※で書いた金曜日の潮くろ㐂にて浅蜊が余ったために土曜日にも引き続き登場したということなのだろう。 限定13食だったので、普段金曜日に行けない自分としては非常にラッ…

321. 潮そば@潮くろ㐂(秋葉原)

金曜日の紫くろ㐂(鴨)が閉店して、新しくできたのが、この潮くろ㐂。 テーマはすばり「貝出汁」である。 その時期の旬な数種類の貝からとるスープのラーメンやつけ麺を味わうことができる。 メニューとしてはメインの「潮そば」と「牡蛎味噌スパイスそば」と…

320. 牛すじ煮込みそば@メーヤウ(信濃町)

学生時代に足繁く通った名店をレビューしたいと思う。 学生時代といっても、大学の後半での話なので10年以内の話なのだが、もう随分と前な気がするのは気のせいだろうか。 この店のメインは「タイカレー」。 これまで私が日本で食べたカレーの中で最も辛かっ…

319. 醤油ラーメン@MENSHO(護国寺)

自分でもまさかなのだが、前回記事※のつけ麺と同日の訪問である。 この日はたまたま昼頃に護国寺駅に近いグランドで野球の試合があったため、昼ご飯としてここのつけ麺を食した。 野球の試合が終わって、夕方。 友人と何を食べるかという話になったときに、…

318. 挽きたて小麦つけ麺@MENSHO(護国寺)

ここまで繊細なラーメン店が他にあるだろうか。 今回訪れたのは、メンショーグループの総本店。 ※春日にある姉妹店の記事は文末に記載 有楽町線の護国寺の駅から歩いてすぐにところにある。 店構えからしてとてつもなくオシャレ。 化学調味料は完全無添加で…

317.鶏王ラーメン@鶏王けいすけ(秋葉原)

秋葉原の電気街方面にある「けいすけ」系列の1店。 肉にこだわりのあるけいすけ系列だが、ここは鶏に特化。 秋葉原で「鶏肉が食べたい!」と思った場合は、 量的には下手な焼き鳥屋に入るより鶏を食べられるかもしれない。 ここでは様々な鶏出汁ラーメンを食…

316. ラうどん@ラーメンヤスオ(南新宿)

ラーメンとうどんの中間で「ラうどん」というなんともユニークな名前の一杯を出すお店。 南新宿という聞きなれない駅名は、小田急線で新宿の次の駅。 あのあたりの駅はだいたい通過してすぐに代々木上原に行ってしまうので印象には残っておらず、今回初めて…

315. 雉ステーキと雉団子の黄塩ラーメン@五ノ神水産(神田)

五ノ神水産の第4弾にして一旦ラスト。 銀ダラ絞りで有名なこの店だが、 毎月29日と2月9日だけは、肉の日ということで肉系の限定ラーメンを出している。 この日はたまたま近くを通ったので調べてみたら、肉の日でラッキーなことに限定ラーメンにありつけたと…

314. 味噌ラーメン・江戸甘味噌銀鮭絞り@五ノ神水産(神田)

2016年の冬に食した一杯。 銀鱈を食べに来たのだが、期間限定でしかも「味噌」ときたらもう頼むしかなかった。 味噌ラーメン・江戸甘味噌銀鮭絞り 900円 いつもどおり「絞り」が入った美味しそうな独特ネーミング。 その名の通り、鮭が大量に絞られた濃厚ス…

313. 淡麗貝潮ラーメン@五ノ神水産(神田)

前回に引き続き、神田の五ノ神水産の紹介。 続いては、レギュラーメニューのひとつである淡麗貝潮ラーメン。 銀ダラ絞りと対をなす逸品である。 淡麗貝潮ラーメン750円 まずスープだが、貝エキスたっぷりの塩味で、前回の銀ダラ絞りとは打って変わって、あっ…

312. らーめん・銀だら絞り@五ノ神水産(神田)

鮮魚系ラーメンの草分け的存在である五ノ神水産。 五ノ神シリーズはいくつかあるが、 鮮魚系のこちらが一番好きである。 場所としては神田駅が一番近いが、 丸ノ内線の淡路町駅や都営新宿線の小川町駅からも近く、 秋葉原や神保町からも頑張れば足を延ばせる…

311. ロースカツ定食@山家(御徒町)

禁忌への挑戦シリーズは、ついに揚げ物の代表格トンカツに挑むというステージへ。 まあ禁忌とはいっても、体調が整うまで個人的に禁止していただけで、厳密な禁忌ではない。 実際のところは1日30g以内という目安があって、それを守っていれば大崩れはするこ…